月別アーカイブ: 2020年1月

薬の飲み過ぎに注意

20200131_111551.jpg

薬の飲み過ぎは、免疫力を低下させます。
一人で何種類もの薬を飲んでいる方も少なくありません。

薬の飲み過ぎは、体を冷やし自律神経が乱れ免疫力を下げます。

頭痛薬を飲んでいると胃も悪くなり胃薬を飲んだり、薬が原因で眠れなくなると睡眠薬。薬で便秘になると便秘薬と薬をどんどんどんどん飲まなくてはいけない症状が増えるだけです。

しかし、自分から薬を減らしたりやめたりするのは危険です。
掛かり付けのお医者さんと相談してから薬の量を減らしたりやめたりして下さい。

自分の判断では大変危険ですのでおやめ下さい。

免疫力を上げる

IMG_20191209_101146_137_2.jpg eaaef835050f774f5703391888dcaa62_t.jpeg 6790da330e7f7951f98f9e7a34ac1e73_t.jpeg

最近は、中国からのコロナウイルス肺炎で何かと話題になっています。
マスコミからは、手洗い、うがい、マスクのお馴染み3点セットをよく言いますが、それだけでは不十分です。

手洗いは、石鹸ではウイルスが落ちなくてアルコールで手洗いになります。(酒やビールでは落ちません)

それよりも体の免疫力を上げる事が大事です。

免疫力を上げる方法

・38℃~40℃のお風呂に10分は入る
・1日6時間~8時間の睡眠を摂る
・栄養バランスの取れた食生活
・1日1品目、発酵食品を食べる
・酒タバコを控える
・ストレスを溜めない、趣味や好きな事をする
・適度な運動をする
・甘い物を控える
・常に体を温める
・真面目すぎをやめ多少いい加減に生きる
・腹式呼吸をする
・心配しすぎない

など、これらの事だけでも免疫力は上がります。特に発酵食品を食べて腸をキレイにすれば血液もキレイになり内臓や細胞もキレイになり、病気になりにくい体になります。

外から来る、コロナウイルスやインフルエンザ、ノロウイルス、風邪なども本来なら薬や注射に頼らずに自分で防げます。

どうか皆さんも免疫力を上げる方法を試して下さい。

本屋

20200108_124250~2.jpg 20200108_124258.jpg

休みの日や仕事終わりによく本屋に行きます。
最近は、ネット販売により本屋も減ってきました。

それでも本屋は必要だと思うには理由があります。ネット販売では立ち読みできない、本は立ち読みして内容を確認して納得して買いたいものです。
ネットではこれが出来ません、内容の簡単な紹介だけです。

また、レビューも胡散臭いのがあります。著者のファンならどの本が出ても高評価で褒めています。
でも実際読むと、毎回同じ内容の本だったりします。あまりネットの評価や星マークは信用出来ません。
電子書籍は目が疲れ読みにくいです。

本を読めば、ネットより詳しく書いています。本を読めば知識も深まり考え方も変わります。

よく行く本屋は、宮脇書店総本店や南本店、ジュンク堂高松店です。たくさんの本があり自分にあった書籍が見つかります。

どうしても見つからない、古い本などはネットで買います。
やはり本屋はなくてはならない存在です。

手技一覧

88db790915bfd38f944cd41f76a81999_t.jpeg

整体の他にも、手技療法はたくさんあります
整体、按摩、指圧、マッサージなどみな同じと思う人もいると思いますが、似て非なるものもあれば、全然違う手技もあります。

整体だけでも色んな流派があり、色んな手技療法があります。
また、先生が独自に人体を研究して作られた手技もあります。

では、整体以外の手技の一覧です

・按摩
経穴、経絡を前提として体系化されていて、中心となる技術は、押す(按法)撫で擦る(摩法)と言う事で按摩と言います。
身体の中心から末端にかけて行われ、原則、服の上から行います。

・マッサージ
ヨーロッパから入ってきた療法で、揉むことが中心となります。原則、直接肌に触れ、四肢の末端から身体の中心に向かって施術します。
(オイルやパウダーなども使います)

・指圧
母指、手掌を使って体表の一定部位を押圧して生体の変調を矯正し、健康増進をはかり、特定の疾病治療に寄与する施術。

・カイロプラクティック
アメリカで生まれた手技療法で、病気の原因を脊椎のズレや歪みに求め、それを豪快な手技で
矯正する技法。

・オステオパシー
アメリカで生まれた手技療法で、脊椎のみならず、内臓や筋肉、神経、血管などを手を使って治療する手技療法。

・接骨
柔道整復師の領分で、骨折、脱臼、捻挫、打撲を扱います。

・鍼灸
身体に鍼や灸を用いた刺激を与えることで、多様な疾病への治療的な介入や健康増進を目指す医療技術です。

・推拿
中国から来た手技療法で、「推」は推す、「拿」は掴む捕らえる事です。
中国医学理論に則り手のひらと指で筋肉をほぐして血液やリンパの流れを良くする手技。

・タイ古式マッサージ
ヨガ・指圧・整体などの流れをくむタイ古式マッサージは、タイの伝統医学の一つです。その歴史は古く、約 2500 年前に仏教とともにタイに伝わり現在まで受け継がれています。
変則的なストレッチを行いイタ気持ちいい技法です。

・ロミロミ
オイルを使ったハワイ式マッサージです。手のひらや腕全体の面を使ってマッサージしていきます。風や波の動きに合わせたリズミカルな動きで、筋肉をほぐしてリンパの流れを良くします。

・操体法
運動器系の歪みを治すことによって、二次的に症状疾患を改善し技法。
楽な方に身体を動かし、施術者は抵抗を加え瞬間的に脱力する。

・アロマオイルマッサージ
精油や芳香を用いて、病気や外傷の治療、病気の予防、心身の健康やリラクゼーション、ストレス解消などを目的とする療法です。

・アーユルヴェーダ
インドの伝統医学。オイルマッサージ(何十種類ものハーブをセサミオイルとともに煮込んだオイル)などにより、人間の整理機能のバランスを整え、病気の治療、予防および健康増進をはかる。

・リフレクソロジー
足の裏を指や棒で押して刺激を与えることで、脳や内臓を活性化させる。新陳代謝や免疫力の向上を促し、全身をリラックスさせる。
英国式、ドイツ式は優しい加減。
中国、台湾式は、棒を使い激痛。
タイ式は強すぎず、弱すぎず中間の強さ。
いずれもオイルやクリームを使う。

結局は自分に合うかどうかです。技術はよくても施術者と相性が合うか合わないかにもよります。

肩こりの原因

7ee159bbb5517470f717b317e6520173_t.jpeg

肩こりの一般的な原因は、・前かがみの姿勢
・筋肉の緊張
・目や腕の疲れ
・閉じた胸に巻き肩
・肩甲骨のズレ
・ストレス
・浅い呼吸
・内臓機能の低下
などが挙げられます

パソコンを使った仕事やスマホの使いすぎで、目や腕をよく使い前かがみの姿勢になり、背中が丸くなったり巻き、ストリートネックなどを起こしやすいです。

とは言っても、仕事では毎日パソコン使い、休憩中や家でリラックスしている時などに、ゲームや動画視聴などストレス発散される事だと思います。

しかし、集中してずっとパソコンやスマート見ているばかりでもありません。
時には、背伸びや首を前後左右に倒してみたりして下さい。

手を頭の後ろで組んで、後ろへしっかり伸ばしてみて下さい。猫背改善や肩甲骨はがしにもなり胸の筋肉も伸ばせますよ。

張り詰めた身体は、緊張して硬くなり肩こりや首こりだけではなく、頭痛や眼精疲労、その他ストレスとなり不眠症や自律神経失調症の原因にも繋がります。

緊張ばかりは疲れるので、時には、リラックスしてストレッチしてみてはいかがでしょうか。

強風に注意

istockphoto-914450516-612x612~2.jpg

台風並みの強風が吹いています。メチャクチャ寒いです。

風邪やインフルエンザに気をつけて下さいの他に、毎回しつこいぐらいブログで書いている体を冷やさないようにして下さい。

冷えは人間の大敵です。しっかり体を温めて血流をよくして下さい。温かい食べ物や飲み物で内臓も温めて下さい。

急に冷えると持病の腰痛も痛み出してきました。
やはり冷えは大敵です。

足元を特に温めましょう。

亜鉛

20191207_012304.jpg

亜鉛は、新陳代謝やエネルギー代謝、免疫力を高めるには必要不可欠です。

亜鉛が不足すると
髪の毛が抜けやすい、精神が安定しない、子供の身長が伸びない、味覚異常、肌荒れ、風邪や感染症になりやすい、男性機能の低下、精子の減少、前立腺肥大、大気汚染に弱くなる、傷の治りが遅くなるなどが上げられます。

牡蠣やうなぎ、肉類に多く含まれていますが、なかなか取れない人のためにサプリメントです。

オススメはネイチャーメイドの亜鉛です。どこのドラッグストアにも売っています。1日1粒で60粒入り2ヶ月いけます。
値段も800円~900円と安いです。

現在の日本人は亜鉛不足です。亜鉛をしっかり摂りましょう。

自律神経

6cad4f09e32e1482fe6f2846d35627a5_t.jpeg

皆さん自律神経は乱れてないですか?
身体の不調は全部とは言い切れませんが、自律神経の乱れで体調不調の方は、今の時代多いです。

思い通りに事が進まないとイライラします。これも自律神経が乱れる原因です。

そこでひとつ自律神経を整える方法をご紹介します。

パソコンやスマホを使っている時や勉強している時、本を読んでいる時は、姿勢悪くないですか?
背中が丸まってないですか?

また、嫌な事があったら顔は下を向き姿勢が悪くなってしまいがちです。

この姿勢が悪くなると、肩こり首こりはもちろん、気道が狭くなり呼吸も浅くなり、血流も悪くなります。

そうなると自律神経が乱れていきます。
試しに良い姿勢と悪い姿勢で呼吸をしてみて下さい。きっと悪い姿勢の方がしんどく、良い姿勢の方が呼吸が楽に出来ます。

自律神経を整えるには、それとは逆の上の方向に向く事です。

背中を反らして空を見たり、天井を見て下さい。背中だけではなく首も伸び、凄くリフレッシュ出来ます。

それとプラスして腕も思い切り伸ばして下さい。
首、背中、腰、肩、腕の上半身がよく伸びます。特に背中の上層部や肺がよく伸びて気持ちいいです。

姿勢の悪い方やうつむきがちの方、肩や首が凝っている方に自律神経を整えたい方は是非お試し下さい。

腰痛ストレッチ

a1050a6457d164cfad650699614b49e1_t.jpeg

腰痛の方は多いと思います。冬は、寒く体も冷えているので余計腰痛になる確率は高いです。暖冬とは言えやはり冷えます。

そこで今日は、腰痛ストレッチをひとつご紹介します。

・うつ伏せになります
・肘を立てて真っ直ぐのばし上半身を立てます
・背中を反らした状態で、10秒キープします
・両肩を右方向に捻ります・顔も右に向けて背中を覗きこむようにします
・その姿勢で10秒キープします
・左側も同じように向いて10秒キープします

10秒キープが難しければ、5秒でもかまいません。

やると背中と腰がピンと張り、腰痛持ちの方は痛くてツラいかもしれませんが、我慢出来る範囲で構いませんので無理はしないで下さい。

床の上でやると膝が痛いので、マットの上か、膝にタオルや薄い座布団、クッションなどを置いて下さい。

このストレッチは、前屈みになると腰が痛い、椎間板ヘルニアの方におすすめのストレッチです。

焼きそば専門店

DSC_0496~3.JPG DSC_0495~4.JPG

徳島へ行った時に寄った、焼きそば専門店「突貫亭」です。
本店ではなく、佐古店の方です。

この日食べたのは、ミ肉とイカ、エビの入ったミックス焼きそばの大(1.5玉)でした。

座って注文を聞きに来るスタイルではなく、入ってすぐに機械があり指でタッチしながら焼きそばやトッピング、サイドメニューを選び、先にお会計します。

注文を聞いてから焼きそばを作り、鉄板で運ばれて来ます。
これがまた美味しいんです!!

肉2倍や3倍、イカ2倍3倍、エビ2倍3倍などトッピングを選べます。

サイドメニューに、ご飯、味噌汁、キムチ、ビール、お茶、ジュースなどもあります。

徳島に行った時には、是非寄ってみて下さい。
徳島市内に2店舗あります。

今度機会があれば本店に行って来ます。