寝る時は、温かくして寝る

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

gettyimages-86254617-612x612.jpg

疲れた時、眠たい時、ついついソファーや机の上で寝てしまいがちです。意外といます。

机の上では長く寝れませんが、ソファーの上だと長く寝てしまいます。
でも、ソファーの上は冷えます。ソファーの上は冷たいですし、敷き布団や毛布、布団もありません。ソファーの上で毛布やブランケットを掛けても冷えます。

これは、ソファーの上だけではなく畳や絨毯の上でも同じです。夏場ならともかく寒い冬場はソファーや畳の上に寝転んで、長時間の仮眠はやめましょう。

風邪を引く事があります。小一時間程度、ソファーや畳の上で寝ていても風邪を引いて熱が出る場合もあります。

また、人間は寝ている時が一番体が冷えます。体温が下がるのです。朝起きて、風邪を引いた、熱がある、体調が悪いなどの経験はございませんか?これは、寝ている間に体温が下がり、薄着やキチンと布団や毛布を掛けてないからです。

もちろん他にも原因はありますが、体の冷えは大きな原因です。

暖冬とは言え冬なので、ソファーや畳、絨毯の上でそのまま寝ず、布団や毛布、敷き布団、敷き毛布をキチンと掛けて寝ましょう。